真光寺について
一遍上人について
七福神・弁財天・福原西国観音霊場
住職の話
年中行事
アクセス

七福神

神戸みなもとの道

七福神

七福神(しちふくじん)とは、あらゆるものに福をもたらすとして日本で信仰されています。
恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁才天、福禄寿、寿老人、布袋の七神は、福徳の神として古くより信仰されています。
仏教経典の『仁王護国般若波羅蜜経(仁王経)』というお経の「七難即滅七福即生」から七柱の神になったともいわれています。
ありとあらゆる幸運をもたらせてくれる七福神は、室町時代ごろ民間信仰として始まりました。
幸運、福運、とくに金運をさずけてくださる七神として信仰されるようになりました。インド・中国・日本の神様がご一緒にうちそろって宝船に乗り幸運を運んでくるといわれています。


神戸みなもとの道

七福神の宝船(たからぶね)

七福神は、宝船に乗ってやって来ると信じられています。宝船とは、七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船のことです。宝船には珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれているといいます。そのため宝船はおめでたい船とされ、この船に七福神が乗っている様子をかたどった置物などが縁起物として親しまれています。


恵比寿(日本の土着信仰)

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)/伊邪那美命(いざなみのみこと)の第三子蛭子尊(ひるこのみこと)と伝えられていて、「大漁追福」や「商売繁盛」また「五穀豊穣」や「除災招福」をもたらす、漁業や商業や農業の神様です。
智恵を働かせ体に汗を流して働けば、この神が福財を授けるという信仰の神様です。


大黒天(インドのヒンドゥー教)

インドのシヴァ神と日本の大国主命の神仏習合の神様です。有福・食物・財福・出世のご利益があるとされています。
中国を経て我国に伝来した後、大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合し、大地を掌握する農業の神として民間信仰の対象とされています。
印度の神様で仏教の守護神ですが、日本では有福・福徳を示し「五穀豊穣」、「子孫愛育」、「商売繁盛」の守り神として有名です。福徳開運、財産授与のご利益もあり、七福神の中では、恵比寿と並び最もなじみ深い神さまです。


弁才天/弁財天 (インドのヒンドゥー教)

美と智恵と音楽・財運と弁舌と芸術の神と知られ、七福神の中の紅一点の女神です。インドの神話で「サラスヴァティー神」と呼ばれ、蛇を従え 財や富をもたらす女神とされています。後に学問・芸術の守護神となりました。
日本へ伝来後、当初は弁才天と称せられましたが、後世に吉祥天と混同され、福徳・財宝賦与の神として弁財天と呼ばれ、「恋愛成就」や「学問成就」の神さまともなっています。
上野不忍池、近江の竹生島、安芸の厳島、江ノ島の弁財天など有名ですが、すべて「水」にかかわりのある場所に建てられています。


毘沙門天 (インドのヒンドゥー教)

インドのクーベラ神で、四天王の一人・多聞天とも言われ、日本では毘沙門天と呼ばれています。
宝塔とやりを持ち悪霊を退散させ財宝をさずけるといわれ、戦いの神・鎮護国家の神と信仰され「開運厄除」、「大願成就」の福を与える神様です。毘沙門天を信仰すると十種の福を得るとされ、その中には無尽の福・長命の福・勝軍の福・愛敬の福などがあります。北方世界の守護にあたったとされ、邪鬼(気)をも払う盛んな威勢により疾病・災難を除き、富貴を授け、大願成就を果たすとして信仰されいます。美と福徳の神・吉祥天を妃に持つことから、福をもたらすともされています。


布袋(中国の仏教)

唐の時代に実在したといわれる仏教の僧や弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身だといわれます。「夫婦円満」、「財宝賦与」の神様です。常に笑みを浮かべ、人を見れば物を乞う、浮浪者風の人物でもあったらしい。 また袋の中の財宝で貧者救済を行うともされ、福々しい容姿・容貌から福徳円満の神として信仰されています。


寿老人(中国の道教)

中国宋代の仙人である白ひげの寿老人は、三千年の長寿を保つ玄鹿をしたがえ人々の難を祓う手に桃を持つことから長寿の象徴とされています。天南星または寿星の化身だといわれ「長寿延命」、「富貴招福」の神様です。
長頭、白髭、巻物を括った藜(あかざ)の杖等、福禄寿と混同されやすい神様です。七福神では、吉祥天と入れ替える場合もあります。


福禄寿(中国の仏教)

頭長の福禄寿は道教の神様で、一羽の白鶴を従え、団扇を持つ南極星の化身だとも言われている「招徳人望」や「俸禄増加」の神様です。福禄寿の名前の由来は、福(幸福)、禄(俸禄)、寿(長寿)であり、この三徳を授けるものとされています。
福禄寿は、道教で理想とされる、「福=幸福」と「禄=身分」と「寿=寿命」(幸運と子孫に恵まれること・金銭に恵まれること・長生きすること)のことだ、といわれています。こうした三つの得を具備するところから、大変な人徳をもった神さまであるとも言われ、また寿老人の鹿に対して、亀や鶴をなつかせていたといわれています。福禄寿は頭が異様に長く、左手に宝珠、右手に巻物をくくりつけた杖を持ち、豊かな白髭をたくわえた、背の低い老人の姿をしています。実は寿老人と福禄寿は同一神との説もあり、我が国では二様に描かれた同一神を別として、それぞれを七福神に加えたともいわれています。


その他の福神

一般的な七福神以外に、発祥の経緯等により、他の福神と入替や追加を行っている場合があります。 例えば、達磨・吉祥天・愛染明王・不動明王等、かっては、猩猩(しょうじょう)や福助もあったといわれています。
また、七福神全員が、猫や狸、蛙に地蔵、果ては河童などの場合があるとも聞いています。


古来より人々は、七福を七神に求め、有福は大黒天、愛敬は弁財天、威光は毘沙門天と印度から渡来した神々に、そして中国伝来の布袋和尚には大量を、寿老人には長寿を、福禄寿には人望を願い、日本古来の恵比寿さまには清廉、正直を求めたのです。